地球の環境を見ると、緑が減り、緑を頼る動物が減り、人ばかり増えています。

これは、動植物が築いてきた6億年の循環が成り立たなくなっており、

人に対しては、単純に食糧が不足する事態が、数十年後に来るということです。

動植物が住める環境は微生物にしか作ることはできません。

自然界の動物たちは、自らの体内に宿す微生物を殺しません。

それは、自分自身の生存が危うくなるからです。

さらに、環境中の微生物を殺すことはしません。なぜなら微生物を殺してしまうと、

子孫の繁栄がなくなるからです。

人を含めた動植物の自然界は微生物の多様性に支えられているのです。

私たちは、微生物の多様性による、動植物の健康と土壌の健康を研究しています。

地球の環境を見ると、緑が減り、緑を頼る動物が減り、人ばかり増えています。

これは、動植物が築いてきた6億年の循環が成り立たなくなっており、

人に対しては、単純に食糧が不足する事態が、数十年後に来るということです。

動植物が住める環境は微生物にしか作ることはできません。

自然界の動物たちは、自らの体内に宿す微生物を殺しません。

それは、自分自身の生存が危うくなるからです。

さらに、環境中の微生物を殺すことはしません。なぜなら微生物を殺してしまうと、

子孫の繁栄がなくなるからです。

人を含めた動植物の自然界は微生物の多様性に支えられているのです。

私たちは、微生物の多様性による、動植物の健康と土壌の健康を研究しています。

Biosphere Lob

地球の環境を見ると、緑が減り、緑を頼る動物が減り、人ばかり増えています。

これは、動植物が築いてきた6億年の循環が成り立たなくなっており、

人に対しては、単純に食糧が不足する事態が、数十年後に来るということです。

動植物が住める環境は微生物にしか作ることはできません。

自然界の動物たちは、自らの体内に宿す微生物を殺しません。

それは、自分自身の生存が危うくなるからです。

さらに、環境中の微生物を殺すことはしません。なぜなら微生物を殺してしまうと、

子孫の繁栄がなくなるからです。

人を含めた動植物の自然界は微生物の多様性に支えられているのです。

私たちは、微生物の多様性による、動植物の健康と土壌の健康を研究しています。